ドレス

 

女の子なら一度は着たいと思う白いふわふわのドレス。
高級なレースは惜し気もなく、ペチコートで膨らんだスカートの中に隠しきれない程の期待を込めて、愛する人をまつためのドレス。

 

「ナミさんはどんなのが着たいですか?」
水色の長い髪をゆらして少女が問いかける。
視線の先にはガラスの奥の白いドレス。
「ビビこそ。でもいいわね。ビビならどんなドレスでも作ってもらえそうじゃない?」
「・・・でも隣にいる相手は選べないかも知れないので。その点ナミさんは安心ですね。」
ビビはちょっと困った顔をしてこちらを振り返る。
ちょっとまずい事を言ったと自分を戒めた。
「私は特にいらないわ。」
「どうしてですか?は!まさかミスター・武士道はナミさんにそんな気がないのですか?」
「さあ?あいつがどう思ってるかなんて考えた事もないわ。」
私は隣の店にある服を手にとった。
「今私に必要なのはこっちの方だし。」

そう、欲しいのは心をときめかせる色とりどりの服。膨らんだスカートより、磨き上げた足を際立たせるタイトなスカート。期待をはらんだ危なげな胸元のラインを強調して、待つ女より待たせる女になる。

「ビビは?」
布きれに等しい服を自分にあてて、ウィンクをしてみせる。

 


「・・・私も・・・こっちで。」

ちょっと恥ずかしそうにビビがその服を引っ張る。

 

さあ、選びましょう。かわいい人を引き寄せる服を。
さあ、磨きましょう。あの人に美味しく食べてもらえるように。

 

 

皆が欲しがりそうなものをあえていらないと言わせたがるひねくれぼんず、ここに参上!ってかあれの続きをかいてたはずなのに何がどうなったのか・・・。
ああ、ちなみにドキンちゃん(小悪魔)イメージでお願いします。※日記文そのまま