私と私

 

「ねえ、本当にしていいよ」
布団に入ってきたゾロに身を寄せると服の上からでも分かるくらいゾロは反応していた。
「うるせえ!しねえったらしねえ!」
半ば向きになって叫ぶ。
「でも堅くなってる…」
「さわんな!」


もう寝ろと無理矢理頭から蒲団をかぶせられる。
その上から押さえ込まれるように腕が回され、少し息苦しくなる。
もぞもぞと顔だけ出すと、ゾロの顔が至近距離にあった。


「ねえ・・・。」
「ん?」
「キスして。」


そういうと不思議そうな顔をして私をまじまじと見た。


「なんか今日変だぞ。お前。」
「ちょっとね。」


少し考えてから軽くキスをされる。


同じようなキスなのに何が違うんだろう。


「いいか?」
「もう一回」


同じキス。


なんだろう?サンジ君に感じたのはなんなんだろう?


「もういいだろ。これ以上やると我慢ならん。」
そういって布団に回された腕の力を緩めて少し距離を取った。
少し寒い気がして離れた分だけにじり寄る。
「おい。」
「だからしてもいいって言ってるのに。」
「しねえっつの!なんなんだよ。今日は!」


「・・・サンジ君にキスされたの。」


ゾロの表情が止まる。


「なんだか変な気がして。ゾロとどう違うか確かめたかったの。」
話してる間もゾロの表情は止まったままだ。いつものように少し怒ったような顔をしている。


もう、なんか反応見せてよ。喋ってるこっちが恥ずかしいじゃない。


「・・・で?」
「・・・さあ?よく分からない。でもキスされた時、サンジ君も男なんだって思った。セックスしなきゃいけないのかなあ。」
「・・・男ならだれだってそうだろ。」
「そうよね。はあ、気が重いなあ。」
ぽとっとゾロの胸に顔を落とす。


「別れねえのか?」


「別れたくない。サンジ君は優しくて好き。でもセックスはしたくない。前も言ったでしょ?」

 


ゾロは私の顔をそっとどけると覆いかぶさるように上に乗ってきた。
「何?やっぱりするの?」
「しねえ。キスならいいだろ?」
「・・・まあ・・・いいけど・・・。」


そういうと大きな右手で私の唇を乱暴に擦った。


「痛い!痛いわよ!何するのよ!」


赤くなった唇を、まるで猫が傷口をなめるようにそっと舌が動く。
「・・・。」
ぞくりとする感覚に唇の痛みなどどこかに消え去ってしまった。
何度も唇が重ねられ、柔らかい唇で私の緊張を徐々にほどいていく。
戯れのようなキスが何度も繰り替えされ、たまに軽く唇をくわえられると吐息めいた声がもれる。


ゾロはそれ以上何もしてこなかった。ただキスをするだけ。


それに身を委ねていると心地よさからか眠気が襲ってくる。


行為の最中に寝るなんて、と考え、無理矢理意識を現実に向けようとすると、大きな手が頬を撫で、その感覚にまたおちていく。


それをくり返しているうちに私はすっかり意識を手放していた。

 

 

 

 

おやすみ。

おやすみなさーい