私と私

 

ぎこちない愛撫も回数を重ねる事に肌に馴染んできた。
手が、唇が確実に私の触れてほしい所を責める。


いままでの男はとにかく入れたがるだけだったから、ゾロとのセックスは余計よく感じられる。


「ん・・・。」


鼻にかかった声があいつはお気に入りみたい。


もっと聞かせてあげようか?
だから気持ちよくして。


だんだん、腰の辺りが熱くとろけてくる。


まだ日が高く、明るい部屋の中、ゾロの望むままに身体をさらす。
ゾロの目にどういう風に映るか考えただけで身体の奥が熱くなる。


乱れたい。何も考えたくない。めちゃめちゃにして。今はそれだけ欲しいから。


「あ・・・は・・・!」


次第にゾロの声も乱れてくる。熱い身体が重なり、首筋を唇が這う。
手は絶えまなく私の敏感な所を探る。
「あ・・・!や・・・!」
自ら脚を開いてゾロの指を受け入れる。
「・・・すげえ、濡れてるぜ。」
ゾロが意地悪そうに囁く。
「・・・も・・・や・・・ん!」
中で幾度か指を動かされ、それにびくりと身体が跳ねる。
「・・・ほら・・・。」
顔を覗き込みながら指を抜き差しする。
抵抗もなく動かされる指に次第に理性が壊れていく。
「や・・・ん・・・も・・いいでしょ・・・。」
「・・・そうだな。」
そう言いい、指を引き抜き、濡れた指をぺろりとなめる。


「・・・はい・・・。」
枕の下から小さな袋を取り出して差し出す。
それを手に取ると自分でつけはじめた。

こういうところは気を使ってくれるのか。するときはいつもしっかりとしてくれている。


「どっちがいい?上か下か?」
「このままで・・・。」
腕を差し出すと、それを首に絡ませ、脚の間に身体を入れる。
熱い固まりがゆっくりと身体を分け入って来る。
「ん・・・。」
喉を軽くのけ反り、その感覚を味わう。
ゆっくりと貫かれ、すべてがおさまってやっと息を吐く。


この瞬間が一番好き。理性を保つぎりぎりの場所。


一瞬ゾロの動きが止まり、顔を覗き込まれる。
「・・・何・・・?」
うっすらと目をあけると至近距離にゾロの顔。
「あ・・・ん!」
急に腰を動かされ、その衝撃に思わず声が漏れる。
そのまま何度も腰を揺さぶられ、快感が身体を襲う。
「あ・・・!ああ!・・ん・・・!」
つながった部分から込み上げる快感。
意識していないのに身体が跳ね、きつくゾロを掴む。


壊れる。壊される。


もっともっともっと。


「あ・・・!は・・・あ・・・!」
何も考えられない頭にじわじわと限界が来る事を知らされる。
「・・・ナミ・・・!」
耳もとでゾロの声が聞こえた。
抱き合っている時に名前を呼ばれたのは初めての事だった。


その低い響きに全身に震えが走り、白い意識の中に落ちていった。

 

 

はあ・・・。

ふつーーーーーーーに、あーあーあー。
次回から本編(?)